タイトルを見て「なんのこっちゃい?」だと思いますが…(笑)

一般的に有名な、いわゆるアサナ(ポーズ)をとる「ヨガ」は
「心のヨガ」と言われています。
呼吸とともにアサナをして、自分の心を内観(内側から見つめる)という作業、それがアサナをする「心のヨガ」です。

では「体のヨガ」って何?……ですよね!
それが【アーユルヴェーダ】と呼ばれるものです。
これは、食事や日々の生活から自分の体を見つめる作業を指していて、
消化に良いものを口にし、ストレスを溜めない生活を続けて毒素になるようなものを体に溜めずにクリアな体を作る、というもの。

クリアな体を作ることで、心もクリアになり、
ストレスや体に溜まっている毒素、変わりやすい心によって覆い隠されている
「本当の自分」に気付ける自分を見つけられるようになる、と言われています。

そのため「心のヨガ」と両輪のように大切なもで、
インドでは立派な「医療」として病院があるほどです。
日本では「エステ(施術)」と言う形で受け入れられたため、名称は知っていても美容のイメージが強く、病院と聞いてびっくりされる方もいるかもしれませんね。

「毎日ヨガしてます!」
という方も、「心のヨガ」ばかりしている人も多いと思います。
でも、何事もバランスが大事。
「両輪」ですから、もちろん「体のヨガ」を怠っていると、
クリアではない体でいくら素晴らしいアサナを行っても効果は半減です。

では一体「消化に良いもの」って何??
「ストレスを溜めない生活」あったら教えてよ!

……そんな疑問があると思います。
少しずつ説明できればと思っているので、是非お楽しみに★